Page: 6/93  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - |
ゆ〜きやコンコン♫♪

雪道に付いた足跡は・・・
降り続ければ・・・
いつかは雪が消してくれる・・・
人間が付けた足跡は・・・
目には見えぬが ちゃんと残っていて・・・
善良の足跡も邪悪な足跡も・・・
ちゃんと積み重なっている・・・
膨らんで膨らんで・・・
いつか弾けて自分自身に降り注ぐのだ・・・
足跡って強い・・・






どんな些細なことも・・・

いちいちの確認作業が大切・・・

前向きなのか・・・何も考えていないのか・・・

時には自分の足跡を振り返るって大事・・・

真っ直ぐ歩いて来てるかなって・・・

あっ! 曲がってるじゃん!

そんな時は修正しなきゃ・・・

大分放っといてからの振り返りでは・・・

もう手遅れだったりするものだ・・・

生きていれば思い知る・・・

だからいちいちの確認作業を・・・

忘れるなって・・・

言っているのに・・・









こんなに元気な彼なのに・・・
彼には・・・あ〜・・・
足・・・が・・無い・・・






素敵な人の足跡や 凄い人の足跡全てが・・・

輝かしい直線道であるとは限らない・・・

多くの困難、苦難や過ち・・・

歪んで途切れて七転八倒・・・

痛い思いも数知れず・・・

堂々巡りのグルグル回り・・・

その度 学んで進化を重ね・・・

太く鋭い真っ直ぐの道・・・

きっといつも省みる・・・

積み重ねの瞬間を・・・

怠けず 逃げずでやって来た・・・

そんな過去があるはずだ・・・


『お前を見よ!』

親分作の雪だるまも・・・

そうだそうだと笑ってる・・・










2014/12/19
_________________


 
| 20:21 | comments(6) |
アーガイル

デザインの仕様な3要素である『色』『形』『質感』・・・
物質的それに加えて 粋なお洒落さんのハズさないポイント・・・
それは 物との相性だ・・・







お洒落は足下から・・・

それは『靴下 + 靴』のこと・・・

靴下って 中々の存在・・・

洋服と靴を繋ぐ重要なアイテムのそれが・・・

とんでもない異才を発揮する事多し・・・

良きに計らえば 小洒落人・・・

悪しき感じはダサ吉ダサ子・・・

素敵な靴であろうとなかろうと・・・

大事なのは案外 靴下の類だったりするから怖いものだ・・・









ネイビーベースに深めの赤とグレーの定番配色のアーガイル・・・
銀の糸がちょっぴりハズシのデザインでアクセントに・・・
単に古びた長老感で地味にならなぬよう・・・
超クラシックべーシックテイストが似合わない人の熟れたチョイスだわよ・・・
上質感漂うウィングチップとは抜群の相性なはず・・・
トラッドチックな足元・・・






例えばこのアーガイルの靴下・・・

アーガイルさんといえば『アイビールック』の象徴・・・

完全なアメリカン・トラッドのアイテム柄・・・

お育ちの良いスクールボーイ・ガールの調子・・・

だから靴はプレーントゥーの紐靴やコインローファーなんかが定番・・・

トラッドなアイテムは 一見地味に見えて・・・

実はとても強い意志を保有する・・・

それだけ・・・

数少ないメンズファッションの大刀の一つだってこと・・・

中途半端な組み合わせや・・・安易なチョイスは野暮になる・・・

特に女性がいわゆるマスキュリンに決める際は・・・

謙虚なセンスを要す・・・

男の領域に入る時は それなりのルールと覚悟が要るってわけ・・・

舐めてるとダサ子もしくは昭和のおばちゃん足元冷えるねん・・・

的制裁を浴びるのさ・・・

『上質感=クラシック=老け』の方程式!

物には歴史的背景があり・・・

潜在的にそれらの情報がイメージの裏付けとなっている・・・

それらの物同士に・・・

馴染みと繋がりを持たせてこそのお洒落・・・

勿論 土台となる人のイメージに馴染むことこそ最重要だということは言うまでもないが・・・

○○ルックとか○○ファッションの知識無くして手を出してはいかん代物は多くある・・・

何事も・・・

一本真(スジ)の通ったものが良いものの条件だ・・・

今やお洒落の鉄則『ハズし・崩し』・・・

ただ崩れちゃたり ハズれちゃったりしていることにご注意を・・・

ルールや歴史を重んじない自由奔放型にはできない上質なお洒落もあるって事を知ろう・・・

意外に拘っている格好良い大人って 居るもの・・・


洒落オツになりたいね〜〜〜・・・・















2014/12/17
___________________



 
| 20:36 | comments(4) |
✩ 今週の独り言 ✩
『考動』



行動ではなく『考動』で・・・

無考で身体まかせに動く人・・・

頭で強く考えてから動く人・・・

結果は歴然・・・

差は天・地・・・

進化も成長も発展も・・・

『考動』しているつもりなら・・・

必ず結果は付いて来る・・・

甘い、浅い、ポイントずれてる・・・

つもりの『考動 』行動と同じ・・・

失敗、後悔、失望、嫌悪・・・

真剣味の無い行動が呼ぶ・・・

成功、信頼、希望、生きがい・・・

自他を思い遣る『考動』が呼ぶ・・・

自分を嘆き 他を羨む・・・

そんな暇は勿体無い・・・


『考動』してます?

『考動』しましょう!












2014/12/14
___________________
| 11:18 | comments(4) |
ウエディング

彼の故郷であるハワイで挙式を終え・・・
その後の日本でのウェディングパーティ・・・
日本人離れした顔立ちの彼女・・・
ジェラシーを覚える程に絵になる二人だわ・・・






彼女とは知り合って15、6年・・・

撮影モデルにとお声をかけさせて貰ってからの付き合い・・・

今回のこの仕事の依頼・・・

若かりし頃からの彼女の夢だったと懇願され 吾出動・・・







   
小柄な彼女・・・          少女のような小生意気さと・・・
ベールは短めを狙い・・・      大人のアダルトさを同時に持つ顔立ち・・・
髪と縛ってふんわり可愛く・・・   純で無垢なガーリーさにイメージの核を置き・・・
                  艶と透明感で大人の気品を添える・・・
                  派手さを抑えた華やかさに・・・



  
花嫁さんには気品と透明感・・・     ベールに繊細なデザインのレースを縫い付けた・・・
パールの輝きが非常に美しい・・・    裁縫が苦手な彼女の・・・
シャネルが今回の主役となった・・・   初めてのお作品となったのだ・・・^^





お決まりのフェイスブロッキングによる骨格把握と骨格デザイン・・・
少女さを活かす為・・・
横にふっくら見えるよう・・・
老けて見える縦長の顔を修正・・・
頬骨の位置を少し下げ・・・
以外に存在感の強い男性的な唇の大きさを 色と共に抑える・・・
元々強い目元は付けまつ毛で柔らかさを出し・・・
ギラギラと光りがちになる彼女の肌質を考慮した艶感で仕上げる・・・



骨格違えばイメージ変わる・・・
左右のイメージの違いは・・・
前髪のデザインで修正を図る・・・







お色直し・・・
カット時間分・・・
やはり日々のサロンワークの経験は凄し・・・
大変美しいボブが切れ・・・吾も大満足・・・






  
カチューシャタイプの髪飾りは・・・
柄の部分をドレスと同じ布で覆い・・・
ガッツリと見える背中に・・・
長めのチュールレースをあしらった・・・
後ろ姿にも可愛さをね・・・


 
先程はベビーピンクを帯びさせておいたチークに・・・
今度はゴールドパールのベージュをイン!
真っ赤なリップとゴールドで・・・
ブロードウェイを思わせる『シカゴ』的イメージにチェンジアップだ!


 

見てよこれ!
様になってるでしょ・・・
これからステージに上がるみたい・・・




シャツを変え・・・そっと寄り添う彼・・・
どうしても女が主役の大イベント・・・
女ってホント欲張り!
変わるね〜〜〜・・・
女って怖いわ・・・(笑)

丸いブーケもモダンで素敵や!






彼女の大切な人生の場面で・・・

腕を振るわせて貰えて逆に幸せだったし・・・楽しかった・・・

その頃大変に忙しく・・・

錯乱しそうな毎日だった・・・

でも今振り返っても・・・

とても良い仕事ができたことで・・・

ありがたくも思っている・・・

老いて子供に見せても・・・

絶対 格好良いウェディングの思い出になったはず・・・

自信あるよ^ー^!




本当におめでとう!

変わらぬ愛で・・・

絶対の幸せを育んでおくれ〜〜〜!


素敵な式・・・そして二人でした!!!



ありがとう・・・













2014/12/13
_____________________













 
| 14:46 | comments(4) |
見え方

色付いた落ち葉の光景・・・
華やかなそれ







日陰のそれ・・・







日に当たったそれ・・・







緑の入ったそれ・・・







コンクリートの上のそれ・・・








様々な状況により見え方は変わる・・・

全ての物事に言えること・・・

見る人の感性や感覚で・・・

当たり前に相違する『見え方』・・・


人もそう・・・

自分がどう存在しようとも・・・

他人は勝手な印象を持つ・・・

そして・・・

どれだけ環境や『見え方』が変わっても・・・

本質自体は変わらない・・・

落ち葉は落ち葉・・・

自分は自分・・・


本質しっかり持ってりゃ良し・・・

ブレないそれに美は宿る・・・

『見え方』なんてどうでもいい・・・

最後はやっぱり中身でしょう・・・














2014/12/12
____________________




















 
| 18:25 | comments(4) |
教材

雑誌・・・
流行や販売促進のために・・・
ヤラセの華やかさで埋め尽くされた印刷物・・・
世の女性達をまやかす危ないツール・・・
そんな浮ついたトレンド情報誌こそ・・・
サロンでの・・・
たかが10分20分の時間潰しには用いたくないものだが・・・
現実はそうはいかない・・・
所詮 浮ついた業種だったりするもの否めないのだ・・・






何かに取り憑かれたように読みあさった若い頃・・・

吾にとって 雑誌は『キレイ』『カッコイイ』の教材だった・・・

御陰様で技術の How to は習えても・・・

目指すべきイメージのゴールが無く・・・

どうお客人を満足させられるのかと・・・

危機感で一杯だった・・・

その恐怖心を払拭するために・・・

休日は必ず本屋へGO・・・

メンズ雑誌も含めて10代〜70代が見るだろうそれらを・・・

毎月積み上げる程購入してはせっせと目に焼き付けた・・・

わけもわからないまま ひたすらずっと・・・

15年程やり続けた結果・・・

おかげ様での今がある・・・

世の女性達の要求 欲求 時代の流れ・・・

美しさの最終ゴールやカッコイイ カワイイ 品や知性等の・・・

イメージの表現、表現方法等・・・

しっかり網羅しブレない吾に・・・

成れてるような気がする昨今・・・

一先ず そんな自分に・・・

安心できてる次第にござる・・・








月が変わる毎に処分されるPigの雑誌達・・・
中には・・・
カッコイイ写真 美しい写真がわんさか在る・・・
今でも・・・
思わず捨てるのが勿体無いと思ってしまうほど・・・
吾にとっては重き教材・・・






今ではもう・・・

雑誌はただのトレンドツール・・・

非現実的な偽装の世界と・・・

リアルな日々のサロンワークの世界との差は確と把握し・・・

難多きお客人方の頭と格闘する現実ばかり・・・

プロのモデルにプロのカメラマン・・・

プロのヘア−&メイクに一流ブランドの衣装でもって・・・

創作され尽くした夢の世界・・・

それも難無く簡単に手掛けられる自分でも在りたいが・・・

リアルな素材をリアル内で最も良くすることで精一杯だ・・・

どこか何でも屋みたいな美容師・・・

美しいメイクって何・・・?
カッコイイ人って何・・・?
良いスタイルって何・・・?

やることが多過ぎて恐らく中途半端であること否めない・・・

一般人がお客人だからその程度でも騙せるってか???

中途半端に「人のキレイ」をうたっているから・・・

いつまで経ってもこんな地位・・・

キレイでカッコイイ・・・

どうにかして身に付けるのは吾等の責務・・・

何にもしなくてもスタイリストに成っちゃう 成らせちゃうんだもんね〜

何もわかってなくてもヤっちゃうんだもんね〜〜  切っちゃうんだもんね〜〜

パーマかけちゃうんだもんね〜〜 巻いちゃうんだもんね〜〜 威張っちゃうんだもんね〜〜

自信持っちゃうんだもんね〜〜 店ヤっちゃうんだもんな〜〜

お客人来ちゃうんだもんね〜〜 従業員雇っちゃうもんね〜〜 指導しちゃうもんね〜〜

クリエイターかアーティストとでも思っているのだろうか・・・

ホントにその『美』は『美』なんでしょうか・・・

ホント 不思議・・・


ダメだこりゃ!!

そんな事を真面目に考えるプロ意識の高い奴もほとほと少ないし・・・

己を更に磨き上げることだけ考えようかのう・・・

相変わらずストイックに・・・

ホント孤独・・・

イヤ!! 孤高に生きるんじゃ〜〜〜


雑誌は若い奴らの良き教材!!

手本無き修業に 価値は無し!













2014/12/10
_________________________________









 
| 19:33 | comments(4) |
✩ 今週の独り言 ✩
『調和』



『調和してる』・・・

難しいが それが大事・・・

衝突 矛盾がないのが『調和』で・・・

『調和』は平凡  平和の証・・・

過剰な刺激は持たぬそれ・・・

わざわざはみ出す癖ある者よ・・・

貧相で粗悪とご承知か・・・?

傷を舐め合う相手を求め・・・

何度も『調和』を乱す性・・・

そんなに自分は強いのかと・・・?

自分はそんなにスゴいのかと・・・?

己に問えば わかること・・・

見事に崩し ハズしてみせる・・・

者ほど『調和』を図る達人・・・

選ぶ全部に表れる・・・

ただただハズれた物事、人と・・・

『調和』をハズさず崩しを図る・・・

者の間にゃ天地の差・・・

何でもよいが 良い方向へ・・・

進めたいなら先ず『調和』・・・

自分以外を見渡しなされ・・・

自分以外を知りなされ・・・

自分以外を理解しなはれ・・・

そういう努力を舐めて避け・・・

チープな我欲で汚すな 侵すな・・・

自分の事しか考えぬ・・・

者がやる事そんな事・・・

他を遠ざけ他から逃げて・・・

ひ弱な自分を甘やかす・・・

孤立を孤高と錯覚し・・・

お気の毒な存在感・・・

そんなの普通は おイヤでしょう・・・

世界の真中で何叫ぶ・・・?


『調和』を図れる人格を得て・・・

『調和』の上で 戦いなされ・・・

『調和してる』が格好良い・・・



言っときますけど・・・・
なかよしごっこや・・・
YESマンの事とは違うわよ!













2014/12/07
__________________




 
| 13:44 | comments(4) |
スタンダード

バンドを束ねるのは・・・
天才アレンジャーと名高い『デヴィッド・マシューズ』・・・
彼の熟れたトークには・・・
エンターティナーという枠をとうに超し・・・
暖かみで観客を包み込むようなゴッド的境地があった・・・
溢れんばかりのクシャクシャな笑顔は・・・
豊かな挑戦を積重ねて来た証・・・
素敵だった・・・






スタンダードって・・・

何事に於いても真面目感満載・・・

たいてい 退屈さを感じるもの・・・

しかし今頃・・・

年齢を重ねたせいか スタンダードの良さがわかって来た・・・

スタンダードって確実、信頼、安心、歴史、格式、重厚で豊かさを含む・・・

クールな本物だ・・・

シンプルなだけに質が問われるのがスタンダード・・・

だからこいつらはマサに本物!

特に良かったのは・・・

『運命』や『ボレロ』といった・・・

こちらもスタンダードで馴染み深いクラシックの楽曲を・・・

ジャズのナンバーにアレンジしたもの・・・

そしてジャズの名曲『シング・シング・シング』・・・

やっぱり コレ最高!



1984年に結成された マンハッタン・ジャズ・クインテッド・・・

ニューヨークそのもののハイセンスな音が・・・

昔 何度か行った・・・

マンハッタンの空気をよみがえらせる・・・

鳴り響くクラクションの音・・・

足早に入り交じる人達の影・・・

久しぶりの感覚に 胸踊る・・・



物や情報が入り交じる現代の世の中・・・

スタンダードな本物を見抜き 見付けることの方が大変だ・・・

アレンジを通り越したやり過ぎ感覚の物(者)・・・

奇をてらい過ぎたわざとらしい物(者)・・・

貧相で粗末な表面だけの摩耶かし物(者)が多過ぎて・・・

時々気持ち悪くなったり・・・

寂しくなったり・・・

本物って難しい・・・

偽物(者)は簡単で誰にでも直ぐにマネができたり・・・

奥無い、底浅い ペラッペラな物(者)・・・

それだけは・・・

是非とも避けたい・・・

スタンダードには基本が一杯・・・

スタンダードを愛さずのアレンジなんて無謀・・・

質の高い孤高のシンプルが本物!



ニューヨーク・・・

そんなバックボーンあってのスタンダード・・・

だからカッコイイ!

本物に触れるって幸せ!

粋な本物!


素敵だった・・・・・・・













2014/12/06
_________________


 
| 16:05 | comments(4) |
鑑賞で調べ

テーマは「韓国のモダンと日本の侘び」・・・
二人展のお知らせを頂いた・・・





美しい写真には・・・
洗練と・・・
古き良き渋さの融合・・・
マットな素材感・・・
穏やかな佇まい・・・









小高い丘の上・・・
エントランスを抜ければ・・・
広大な見下ろす景色・・・
とてつもないほどに優雅なロケーション・・・
手入れの行き届いた・・・
洒落たお庭を行き進む・・・







住まいとは別の・・・
庭に立つ一軒家・・・
中に入ると・・・
高い天井の真白な空間・・・
そこには・・・
和洋折衷のモダン的空間が・・・






書と白い食器・・・
透明なガラス・・・
バケットを思わす木製の籠・・・
ここは洋の調べ・・・
大きな空間を操るも・・・
テーブルの上の小さな空間を操作するも・・・
まさにハイセンスが織り成す芸術技・・・





オーナーさんは3人・・・

母上がテーブルコーディネーター・・・

姉上がスウィーツをこしらえ客人をもてなす・・・

妹君は声楽家・・・

ディナーではその声で時を飾るとか・・・





太陽の光が・・・

何にも邪魔をされず・・・

窓一杯に降り注ぐ・・・

深い呼吸へと導かれるような・・・

なんとも落ち着く洗練空間・・・







奥の部屋へと足を運ぶと・・・
そこは強まる和の調子・・・







部屋の出で立ちと家具・・・
食器、雑貨の小物達が・・・
吸着するようにしっくり馴染む・・・








利休的一輪挿しがスッと・・・
ひっそりと重厚・・・
知性漂わせる茶器たち・・・
難しい家具との調和・・・
ウマく融合している・・・






センスが在るとかセンスが良い・・・

それってこんなこと・・・

要はバランスだ・・・



色と形と質感のバランス・・・

そして空間とのバランス・・・

ひたすら人の髪を切るのも同じこと・・・

自分の日常にこんな意識感覚が在るか否か・・・

それが仕事と生き方の質を創るのだ・・・



この『白磁』という白い食器達・・・

作家である林さんの心に沿う感覚・・・

ゆっくりと・・・

部屋を渡り歩く・・・

まるで彼女とおしゃべりをしているような感覚だった・・・

作品には・・・

作り手の心が映し出されるというが・・・

ほんとうだ・・・

彼女には時々こうして・・・

いつもの雑多な日常空間から・・・

静かに切り離して貰える・・・

そんな機会をありがとう・・・








 



世の中には・・・

素敵な物がたくさんある・・・

素敵に生きる人も・・・

たくさん居るのだろう・・・


『素敵だ』と思える瞬間を増やしたい・・・

『素敵』と思える心をもっともっと磨きたい・・・



「あなたもあなたのお仕事も ホントに素敵です」

夜・・・

そんなふうに メールを送った・・・
















2014/12/05
___________________






 
| 15:49 | comments(4) |
インチキ
『インチキ』




最初から決まってるんだよ。
どうしようもないんだけど•••

論点は、『サギノミクス』なんかじゃないよ!

始まる前にはあまりに口に出さないけど、終わってから必ず声高々に言いだすよ。
『集団的自衛権』『憲法改悪』。
その為の選挙なんだから。

まあしょうがないね•••。
我々は『ゴイム』らしいから(~_~;)










Pig - no - oyabun














2014/12/04
_______________________


 
| 16:31 | comments(4) |
<<back|<12345678910>|next>>

profile

UZUME
ロンドン留学後ピッグシェイブ入社。
数々のコンテストで優勝歴多数。
作品作りやサロンワークにおいても独自の世界を構築中で、カットスクール、メイクスクール講師としても活躍し、日本全国を飛び歩いている。
2007年、2008年にはパリ、ミラノコレクションにも参加。

Entry

Category

Archives

Mobile

qrcode

Feed

Others

みんなのブログポータル JUGEM

Sponsored Links